池袋駅東口徒歩4分 天然歯を極力守り歯周病・無痛インプラント・入れ歯治療に専門的に取り組む森山歯科医院

東京都豊島区東池袋1-36-1 YHビル4階

03-3982-6758

無痛インプラント
治療

森山歯科医院

インプラントとは

インプラントは体内に移植される人工物の総称を差します。特に歯科用に用いられるインプラントは純チタ ンを用いた身体に親非常に高いもので、その現代歯科インプラントの歴史は約50年になります。従来は「歯をなくした後もよく噛めるようになりたい」 という思いを叶える為だけのインプラントで今では条件が揃えば、自分の他の歯と同じように、自然で美しいインプラント治療が可能になりました。
前歯のインプラント治療は奥歯よりも難易度が高いため、専門医による施術が不可欠です。当院では、世界水準の技術と知識それから経験が豊富なドクターが適切に対応致します。

歯科用インプラントのメーカーは世界中で700社以上とも言われています。その中で、世界水準の科学的データ、治療成績が適切に示されているインプ ラントメーカーはそのうち10社も無いのが現状です。当院では国内はもとより国外でもシェア、成績ともにトップレベルのインプラントを使用しております。

当院が使用する
インプラントメーカー

アストラテックインプラント
(スウェーデン)

ノーベルバイオケア
(スウェーデン)

他の治療との違い

歯を失った場合の一般的な治療法は、ブリッジ(図1)や部分入れ歯(図2)などが挙げられます。これらの治療法では、周囲の歯を削る必要があり、他の歯の負担を増やすことになります。それに対して、インプラントは周囲の歯を傷つけることなく、インプラント自体が歯として機能することで周囲の歯の負担を減らします。

治療を受ける前に

インプラントが顎の骨に生着するには、数か月の時間が必要になります。この期間には個人差があり、顎の骨の状態や体の状態によって左右されます。このため、インプラントを埋め込んだ後から咬めるようになるまでのスケジュールも患者さんによって異なります。また、治療効果を発揮するためには、以下の1~4が必要になります。

  1. 非喫煙者
  2. 歯周病は細菌による感染症であることへの理解
  3. 自宅での正しいプラークコントロールの実践
  4. 治療の一部としての歯科医院でのメインテナンスの継続

インプラントの構造

インプラントは大きく3つの部品から構成されています。まずは骨の中に埋め込まれている「インプラント」、被せ物となる「上部構造」、その2つをつなぐ「アバットメント」です。

当院におけるインプラント
治療の特徴

東京医科歯科大学で研鑽した、故ブローネマルク博士の原法に基づく
インプラント専門医2名による無痛インプラント治療

インプラント実績2500本以上

  1. 院内技工士常駐と院内技工所あり
  2. インプラント治療を静脈内鎮静法で眠ってる間にできる
  3. 徹底的にこだわった痛みの軽減 、ダメージの少ない低侵襲な治療
  4. 1本の治療から 総入れ歯の方のインプラント治療の実績
  5. 口腔外科医の専門的な外科手術の技術により、痛みなく、ダメージを最小限にし、術中の痛みは勿論、ほとんどのかたにが術後の痛みや辛い状況になりません
  6. 骨の極端に少ない方でも、サイナスリフトなどの骨造成できる技術によって他院でインプラント不可能と診断された方もインプラント可能になります。
  7. 自然感のある、美しいインプラントの歯の作製 必ずプロビジョナル(仮歯)を作製し、患者さんが全く問題ないと確認後、最終的な歯をプロビジョナルに準じてセットします
  8. トップダウントリートメントという最終的にどのような歯や噛み合わせにするか、模型状で歯科医師自身がワックスで作製し、ゴールを設定してからの治療
  9. 20年近くに渡る治療実績と非常に高い成功率
  10. 何歳の方も、抜歯などが可能な全身状態であれば、インプラント可能です。
    当院の最高齢 大正14年生まれの方と、89歳の方、上下無歯顎で下顎 に5本 一度にお入れしました。

当院で採用している
インプラントの特徴

当院では主にアストラテック社のインプラントシステムをメインに採用しています。患部の状態や患者さんのご希望など、さまざまな面を考慮して最適なインプラントシステムをご提案いたします。

アストラテック社のインプラントシステムとは

アストラテックインプラントは、スウェーデンのアストラテック社が製造しているインプラントシステムで、生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる純チタンを用いた歯科用インプラントです。開発メーカーのアストラテック社は、世界的な製薬・医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業であり、1985年からインプラントの開発に取り組み、現在ではその研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

アストラテックインプラントの特徴としては、化学的に処理されたチタン表面性状、生体力学的な骨刺激、強固かつ安定した適合性、軟組織の接触ゾーンの高さと軟組織量の増大などが挙げられますが、中でも最大の特徴は、周囲の骨の吸収率が非常に少ないことにあります。術後の骨の吸収によるインプラントの喪失や審美性の阻害を防ぎ、残っている骨を有効に活かすことが可能なシステムです。

患者さんのお身体の一部となるものです。少しでも長く使用して頂けるよう 世界3大メーカーの2つを採用しています。

実際にご来院頂いた患者様

case 1

骨量の少ない方で、上顎は元々歯が一本もなく、総入れ歯で苦しんでおり、某歯科大学で骨量なく、インプラントができないと診断され、当院にご来院されました。

その後、16年全く問題はありません。

case 2

この患者さんは当時89歳 大正生まれの方でした。
上下総入れ歯で、生野菜が食べれず、柔らかい物ばかり食べて、常に下痢をしてるとの事でした。

年齢的にも、長年入れ歯で骨がかなり無くなってますが、今では、何でも食べれて、入れ歯の時と、天と地の差があると仰って頂いてます。
年齢に関係無く、骨が少なくてもインプラント治療を受けれる一例となります。

インプラントの流れ

①カウンセリング

まずはどのようなお悩みがあるのか、インプラント治療がどのような治療なのか時間をかけてお話をお聞きし、ご説明いたします。

②術前検査

現在のお口の状態 の検査 上下の型取り をしお口の状態がどういう状態か徹底的に診査診断を行います。2次元のレントゲンやCT検査を行って骨の状態を調べます。
インプラントを埋める所に骨が不足していれば、骨を作る手術を行います。

③1次手術

麻酔をして、治療部分の歯茎を切開します。骨にインプラントを埋める穴を作り、インプラントを埋め込みます。埋め込んだ後は、歯茎を縫合して閉じます。

④2次手術

インプラントが顎の骨と結合する期間(3から4ヶ月)を待ち、埋め込んだインプラントを露出させます。インプラントにヒーリングアバットメントという器具を取り付けて、歯茎が適切な形に治るまで待ちます。

⑤型取り

歯茎が治ったらインプラントの型取りを行い、被せ物を作製します。

⑥被せ物のセット・観察

歯茎が治ったらインプラントの型取りを行い、被せ物を作製します。

その後、術後の経過を観察します。